インスタレーションオンセナート大竹伸朗愛媛温泉
MAGAZINE

道後温泉に大竹伸朗の巨大アートテントが出現!「熱景/NETSU-KEI」

愛媛県松山市にある「道後温泉本館」に新しい巨大アートが誕生しました。

建築修理中の道後温泉本館の現場を覆うのは、画家・大竹伸朗による巨大なテントのインスタレーションアートです。

世界最古の温泉としても知られている道後温泉は近年、「温泉×アート」をテーマに様々なプロジェクトを発表しています。

今回のプロジェクトも含めて、道後温泉の取り組みを詳しくご紹介します。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
80件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す

日本最古の温泉「道後温泉」

道後温泉本館は、日本最古の温泉地といわれる道後温泉を象徴する建物です。

『万葉集』や、夏目漱石の『坊ちゃん』にも登場するほか、スタジオジブリ作品「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったことで、愛媛の代表的な観光地として知られています。

1994年、日本の公衆浴場としては初の重要文化財に指定され、その後も現役の公衆浴場として営業を続けています。

 

本館の建物は長い時代の変化に対応し、その時代時代の技法を取り入れ、移築や増改築を繰り返してきました。

主に4つの建物から成り、内部は非常に複雑な構造となっています。

 

「アート×温泉」のコラボレーション「道後オンセナート」

道後温泉では2014年から芸術祭「道後オンセナート」が開催され、アートの街としても徐々に認知され始めています。

芸術祭期間中は、道後温泉本館が丸ごとアート作品に変貌し、ホテル・旅館の一室を草間彌生など著名なアーティストたちが改装し、「泊まれるアート作品」として発表しました。

アートディレクションと運営は、地元NPOと若手クリエイターが手がけています。

 

「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉中庭インスタレーション」

道後温泉別館「飛鳥乃湯泉」の中庭では、「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉中庭インスタレーション」が2021年10月27日(水)~2024年2月29日(木)まで開催されています。

写真家・映画監督の蜷川実花の艶やかな写真やオリジナルの提灯で装飾され、極彩色の空間が温泉のど真ん中に出現しました。

 

「クリエイティブステイ in 道後温泉」公募プログラム

さらに、2024年3月までの3年間、「クリエイティブステイ in 道後温泉」という公募プログラムも主催しています。

作家、クリエイターが道後温泉地区に1週間程度滞在し、地域の歴史、文化、人、風景などに触れながら、創作や交流活動を行うプログラムとなっており、道後温泉で文化芸術活動を行う人材を発掘し、多様な視点や感性を通して道後温泉をPRすることを目的としています。

 

大竹伸朗が手がける巨大アートテント「熱景/NETSU-KEI」

現在、道後温泉本館は営業を継続しながら、2024年12月末まで建物の保存修理をしています。

修理部分テントで覆い隠し、巨大アートとしてお披露目したのが今回のアートプロジェクト「熱景/NETSU-KEI」です。

愛媛県宇和島市を拠点に活動する画家・大竹伸朗のデザインしたテントで建物が丸ごと覆われました。

 

「熱景/NETSU-KEI」のデザインコンセプトは水・熱・光、人や街の生み出すあらゆるエネルギーです。

温泉には地中から天界へと通じる宇宙的イメージがあり、道後に湧き続ける「湯」のイメージから色と形を通し、永遠に尽きることのないエネルギーが表現されています。

 

色紙を指でちぎった「ちぎり絵」の手法で表現された5枚の原画がターポリン素材に高精細プリントされました。

紙を破った紙繊維の断面や筆のハケ跡、重ねられた色の奥行きまでリアルに再現されており、圧倒的なスケールと見ごたえのあるクオリティに仕上がっています。

 

建物の南側には道後の湯を発見したと伝えられている、道後の象徴「白鷺」を、東側には西日本最高峰の「石鎚山」、西側には街や地図をモチーフにした図案が配置されています。

 

このアートテントは大竹伸朗にとって、過去最大のパブリックアートになります。

公開期間は、2021年12月17(金)〜2024年12月を予定しています。

 

画家・大竹伸朗

大竹伸朗(1955年東京生まれ)は、1980年代初頭から作品発表を開始し、1988年に制作拠点を愛媛県宇和島市に移しています。

絵画を中心に音や写真、映像を取り込んだ立体作品、エッセイ、絵本など多彩な作品を展開。

ドイツの芸術祭最高峰のドクメンタ(2012)、アートのオリンピックのヴェネチア・ビエンナーレ(2013)、アジア・パシフィック・トリエンナーレ(2018)など、現代日本を代表するアーティストとして海外の主要なアートイベントに出展しています。

 

2014年、国内外4カ所で行われた展覧会の功績により芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

2022年2月にはハワイ・トリエンナーレに参加し、同年11月1日からは東京国立近代美術館で大規模な個展が開催される予定です。

 

様々なアートと温泉のコラボレーション企画を行っている道後温泉。

古い歴史を持ちながらも、その保存と経営を続けていくために、革新的なプロジェクトを次々と打ち出しています。

2024年12月までと公開期間が長いので、ぜひ皆さんも愛媛観光の計画を立ててみてくださいね。

 

 

 あなたの部屋に合うアートは?
 LINEで 無料診断!

アート作品を購入してみたいけど、

どこで買えば良いかわからない…

どんな作品を購入すれば良いかわからない…

という方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、thisisgalleryの公式LINEアカウントから、気軽に相談できる 無料アート診断 サービスをリリースしました!

専門アドバイザーが、あなたに最適な作品をセレクト。

インテリアに合った作品のご提案や、オーダーメイドのご相談など、様々なお悩みを解決します。

\ こ ん な 方 に お す す め /

部屋に合った絵画・アート作品が欲しい

作品をどこで探したら良いかわからない

似顔絵・オリジナルのアートギフトを贈りたい

手軽な価格で絵画をオーダーしたい

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

 

関連記事

李禹煥美術館「Lee Ufan Arles」がフランス・アルルにオープン!設計は安藤忠雄

日本(直島)と韓国(釜山)を経て、世界で3つ目となる李禹煥(リ・ウファン)の美術館「リ・ウファン・アルル(Lee Ufan Arles) 」が2022年4月15日、フランス・アルルに開館しました。 アルルの歴史地区にある17世紀の

アメ村・心斎橋でおすすめの古着屋23選!学生向けの古着屋からヴィンテージ好きに愛される名店まで詳しく解説

大阪のトレンド発信地アメ村・心斎橋 アメ村・心斎橋は日本のなかでも屈指の古着の街です。 活気あふれる街並みの中に、流行を発信し続ける古着屋や流行に流されないヴィンテージを扱う老舗まで個性溢れる古着屋が軒を連ねています。 今回は、あ

一人暮らしのおしゃれなインテリア実例54選!【テイスト別のコーディネート例】

ソース 狭いからこそもっと快適に おしゃれな一人暮らしのインテリア実例 ワンルームの一人暮らし、狭くてもお洒落に快適に暮らしたいですよね。 ワンルームのインテリアを成功させるコツは、 ①暮らしやすいレイアウトの工夫 ②統一し

「M+」(エムプラス)とは?香港西九龍文化区にオープンしたアジア最大級の美術館

2021年11月12日、20世紀・21世紀の視覚芸術をテーマにしたアジア初の美術館「M+」(エムプラス)が香港に開館しました。 ニューヨーク近代美術館(MoMA)、ロンドンのテートモダン、パリのポンピドゥーセンターにも匹敵する面積

「曜変天目」とは?世界に3点しかない国宝の歴史と魅力に迫る

「曜変天目」とよばれる茶碗をご存知でしょうか? 「器の中に宇宙が見える」と評されるほどの美しい輝きを放つ茶碗であり、現在では世界に3椀しか存在しない大変貴重な芸術品です。 この記事では、今もなお多くの人を惹きつけて止まない曜変天

TOP