エスパス ルイ・ヴィトンジャコメッティ大阪展覧会彫刻
ART

エスパス ルイ・ヴィトン大阪でジャコメッティの彫刻作品8点が公開、11/17から

極端に細長い人物像で知られ、彫刻界の巨匠と評されるアルベルト・ジャコメッティ(Alberto Giacometti、1901-1966)。

今回、彼の晩年の彫刻作品8点が来日し、エスパス ルイ・ヴィトン大阪の「アルベルト・ジャコメッティ」展で公開されます。

会期は11月17日〜2023年2月26日です。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
23件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
55件見つかりました!
診断をやり直す

彫刻界の巨匠、アルベルト・ジャコメッティ

20世紀モダニズムを代表する彫刻家、アルベルト・ジャコメッティ。

ジャコメッティはスイスに生まれ、幼少期に画家である父からポスト印象派や象徴主義を教わり、ジュネーブの美術大学で学びました。

1922年にフランスへ渡ると、パリのモンパルナスに居を構え、1966年に亡くなるまで制作を続けます。

第二次世界大戦前、キュビスムやシュルレアリスムの芸術様式に影響を受けたオブジェ作品を制作していた彼は、同時代のアーティスト、批評家に認められ、アンドレ・ブルトン、ジョルジュ・バタイユらフランスのシュルレアリストや思想家など多くの著名人と親交を結んでいました。

 

しかし1935年以降、彼は前衛芸術界から一人遠ざかります。その後は生きたモデルに焦点を当てた制作に移行し、それが彼の生涯のテーマとなりました。

第二次世界大戦後、ジャコメッティは彼の代名詞とも言える、極端に細長い人物像を制作し、20世紀を代表する彫刻家として国際的に高く評価されるようになります。

1956年にはフランス代表としてヴェネツィア・ビエンナーレに参加し、後に1962年の同ビエンナーレで彫刻グランプリを受賞した作品「ヴェネツィアの女」を発表しています。

 

エスパス ルイ・ヴィトン大阪「アルベルト・ジャコメッティ」展

ジャコメッティ

エスパス ルイ・ヴィトン大阪で2022年11月17日から開催される「アルベルト・ジャコメッティ」展。

本展は、フォンダシオン ルイ・ヴィトンが主催する「Hors-les-mur(壁を越えて)」プログラムの一環として開催されます。

同プログラムは、東京、ミュンヘン、ヴェネツィア、北京、ソウル、大阪のエスパス ルイ・ヴィトンにおいて所蔵作品を展示し、より多くの人々に作品に触れる機会を提供することを目指しています。

今回、エスパス ルイ・ヴィトン大阪での展示開催は3回目となり、本展のためにジャコメッティの晩年の彫刻作品8点が来日します。

 

展示作品は以下の通りです。

 

《棒に支えられた頭部[Tête sur tige]》(1947)
《3人の歩く男たち[Trois hommes qui marchent]》(1948)
《よろめく男[L’homme qui chavire]》(1950)
《ヴェネツィアの女III[Femme de Venise III]》(1956)
《大きな女性立像 II[Grande Femme II]》(1960)
《男の頭部[Têtes d’homme]》(ロタール I[Lotar I] )、(ロタール II[Lotar II])、(ロタール III[Lotar III])(1964-65)

 

独自のスタイルを貫いた唯一無二の彫刻家、ジャコメッティの作品に触れることができる貴重な機会です。

このチャンスを是非お見逃しなく。

 

「アルベルト・ジャコメッティ」展

会期 : 2022年11月17日(木)~2023年2月26日(日)

会場 : エスパス ルイ・ヴィトン大阪

住所 : 〒542-0085 大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-8-16 ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 5F

開館時間 : 12:00-20:00

料金 : 無料

公式HP : https://www.espacelouisvuittontokyo.com/ja/osaka

 

 

関連記事

岡本太郎「太陽の塔」模型に器物破損行為で男性逮捕、愛知県美術館で3/3から展示再開

2022年2月23日、愛知県美術館で開催中の「展覧会 岡本太郎」に展示されていた「太陽の塔」の模型作品が損壊される事件が発生しました。 名古屋市の会社員の男性が「太陽の塔(1/50)」を手で殴り、作品を損壊させたとのこと。 男性

ミレーの「落穂拾い」とは?農民の姿を描いた絵画を解説

制作年 1857年 作品サイズ 83.5 cm × 110 cm 所蔵 オルセー美術館(パリ) 広々とした畑で3人の農婦が腰をかがめて農作業に勤しんでいる「落穂拾い」は、フランスの

アブダビが2つの美術館を建設予定!「ルーブル・アブダビ」など主要美術館と芸術文化の取り組みについて詳しく解説

アブダビ文化観光局は、フランク・ゲーリーが設計を手がける「グッゲンハイム・アブダビ」(2025年完成予定)と、ノーマン・フォスター設計の「ザイード国立博物館」に加えて、2つの美術館を新しく建設する計画を発表しました。 アラブ首長国

フェルメール作「眠る女」から消された男の正体は?メトロポリタン美術館の調査により詳細が明らかに

フェルメール作「眠る女」(1656-57年頃)には当初、うたた寝をする女性のそばに男性や犬が描かれ、のちに塗りつぶされていたことが以前から知られており、男性の正体についてこれまで数多くの研究と議論が交わされてきました。 今回、この

だまし絵クイズ15選!あなたはいくつ見破れる?描き方や有名作家も紹介

平面のはずなのに立体的に見えたり、見る角度によって違うものに見える「だまし絵」。 「どうしてこう見えるの?」と驚かされたことはありませんか? 誰もが一度は目にしたことのある有名なだまし絵や、その作家をご紹介します。 絵の中に隠

TOP