アート投資オークション北斎浮世絵版画美術投資
ART

葛飾北斎「神奈川沖浪裏」が過去最高額の3億6000万円で落札、第14回アジア・ウィーク・ニューヨーク

2023年3月21日、第14回アジア・ウィーク・ニューヨークで行われたクリスティーズのオークションで、葛飾北斎の浮世絵「神奈川沖浪裏」が約3億6000万円で落札されました。

今回出品された作品は、コレクターから特に人気のある初期の浮世絵であったことから、当初の予想額を大きく上回り、北斎作品の中での過去最高額を記録。

中国からのアメリカへの入国検疫免除により旅行者が増加し、オークション全体の総額も1億3170万ドル(約175億5900万円)と、パンデミック以前のような好記録を残しました。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
23件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
55件見つかりました!
診断をやり直す

第14回アジア・ウィーク・ニューヨーク

3月末に行われた「第14回アジア・ウィーク・ニューヨーク」には、26のギャラリーと6つのオークションハウスが参加。

クリスティーズ、サザビーズなどのオークションハウスは、対面とオンライン販売を実施しました。

全9日間の開催期間で、22のギャラリーと5つのオークションハウスが、合計1億3,170万ドル(約175億5900万円)の売上を記録しています。

過去の3回の売上総額は、

 

2017年 4億2370万ドル(約564億9,022万円)

2019年 1億5,050万ドル(約200億6,550万円)

2022年 9,860万ドル(約131億4,500万円)

 

となっており、パンデミック以前のような購買意欲が徐々に戻ってきている印象。

アジア・ウィーク・ニューヨークの委員長であるデッサ・ゴダード(Dessa Goddaed)氏は、世界的な旅行者の増加によるものだとコメントしています。

世界中のアート関係者やアートコレクターの海外旅行が増えています。

今回のオークション結果は、アジア・アートの分野において、ニューヨークが強力な磁石となっている場所であることを改めて証明しました。

 

今回のアジア・ウィーク・ニューヨークは、渡航禁止措置が解除されてから初の開催となりました。

特にアメリカは中国からの渡航者に対する検疫免除を認めたことで旅行者が一気に増加し、売上の大きな要因になったと考えられます。

 

3億6,000万円で落札された葛飾北斎「神奈川沖浪裏」

葛飾北斎 富嶽三十六景 神奈川沖浪裏
今回、アジア・ウィーク・ニューヨークの目玉商品であった葛飾北斎の浮世絵「神奈川沖浪裏」は、クリスティーズのオークションで3億6,000万円で落札しました。

「神奈川沖浪裏」は、葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景」のうち、富士山を背景に東京近海の荒波と船乗りを描いたもの。

北斎が経済的に困窮していた1830〜32年に制作を開始し、19世紀半ばにヨーロッパへ版画が渡りました。

制作された版画の総数は不明で、現存している枚数も分かっていません。

 

クリスティーズの責任者によると、当初の予想額を大きく上回り、北斎作品の中では過去最高額に達したとのこと。

また、ウォール・ストリート・ジャーナルによると、この浮世絵には当初、50万ドル(6,660万円)〜70万ドル(9,330万円)の値がつくと予想されていましたが、6人の入札者が13分間の争奪戦で価格を一気につり上げたとのことです。

北斎の近年のオークション記録としては、2021年に同じく「神奈川沖浪裏」の浮世絵が予想額15万ドル(2,000万円)に対して、159万ドル(2億1,998万円)で落札されています。

 

初期の浮世絵は希少価値が高い

今回出品された浮世絵が予想額を大きく上回った要因として、この作品が初期に刷られたもので、保存状態も良好だったことが挙げられます。

北斎の浮世絵の中でも特に人気があるのは初期のもので、希少価値が高く、コレクターからの人気が年々高くなっています。

初期の浮世絵はまだ木版が摩耗しておらず、線が鮮明で、ピンク色の空に薄い雲がかかっているといった特徴があります。

 

今回出品された浮世絵は、1993年にデンマーク・日本協会が主催したコペンハーゲンでの展覧会に出品されたもので、1830〜1832年の間に制作された18点のうちの1枚と云われています。

 

海外旅行者や海外を行き来するアートコレクターの増加により、パンデミック以前のような盛り上がりを見せるアート市場。

今後の動向にも目が離せません。

 

 

関連記事

ショーン・コネリーが所有していたピカソの肖像画が香港のオークションに登場!予想落札価格は約24億円

近年、香港を中心とするアジアのアート市場では、キュビズムの巨匠、パブロ・ピカソの需要が高まっています。 そんな潮流がさらに加速するかのように、この春、パブロ・ピカソの肖像画を含めた絵画2点が、香港のオークションに出品されることにな

タイルアートとは?作り方と魅力を分かりやすく解説

タイルアートは紀元前から続く表現技法。 代表的なタイルアートとしては、スペイン・バルセロナのアントニ・ガウディが制作したグエル公園が有名です。 様々な種類の小さなタイルが集まって一つの大きな芸術を作り出す、繊細で壮大な魅力があるのが

「#夏のアートグランプリ」thisisgallery公式twitterにて開催!

  みなさんこんにちは!いつもthisisgalleryをご利用いただきありがとうございます。スタッフの武田です。 この度、thisisgalleryの登録作家様を対象に、thisisgallery公式twitterにて「

村上隆の代表作品24選!フラワーなどの有名な作品を解説

日本のみならず世界で活躍しているアーティストは大勢いますが、その中でも村上隆は、現在世界的に最も有名な日本人現代アーティスト。 彼は琳派や浮世絵の平坦な絵画構成とオタク文化やサブカルチャーの共通点を捉えたアート作品は世界中の多くの

菱川師宣の浮世絵「見返り美人図」を解説!見どころはどこ?

赤い着物を着た女性がこちらを振り返っている「見返り美人図」。 浮世絵の中でも特に有名な一枚で、教科書や広告などで見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。 ユニークな構図や色合いなどがとても印象的な作品ですよね。 今回は「

TOP