2018/09/28

ひまわりゴッホ印象派絵画西洋美術   
   News    

「炎の画家」ゴッホの代表作14選

「炎の画家」ゴッホが残した
名画14選を徹底解説

「炎の画家」ゴッホ、彼の残した力強く色彩感のある絵画は、日本だけでなく世界中の人に愛されています。

現代の人気とは正反対に、その生涯に1枚しか絵が売れなかったというゴッホ。

彼は精神病を患いながら自分の絵の世界を追求し、最後は自殺したと言われています。

今回は、そんなゴッホの作品の中でも特筆して素晴らしい、14枚の絵画について詳しくご紹介します。

日本では見られない作品も多くありますが、彼が表したかった世界観について思いを馳せてみましょう。

 

 

ゴッホの代表作14選

 

1.「ファン・ゴッホの椅子」

 

「ファン・ゴッホの椅子」は、ゴッホがアルル時代に住んでいた黄色い家の部屋に置かれた椅子を描いた作品で、椅子の上に置かれたパイプはゴッホの愛用のものと言われています。

また、この作品は同じくゴッホの描いた「ゴーギャンの肘掛け椅子」という作品と対のものとして制作されており、ゴッホとゴーギャンの共同生活が伺える作品でもあります。

 

● 制作年
1888年

所蔵
ナショナル・ギャラリー(イギリス,ロンドン)

 

 

2.「夜のカフェテラス」

 

「夜のカフェテラス」は、ゴッホがフランスのアルルに滞在していた時に制作された作品です。ゴッホは広場の角に立ち、イーゼルを立てて絵を描いていたと言われています。

 

絵を完成させたあと、ゴッホは妹にあてた手紙の中で作品についてこう説明しています。

ここ数日間、新しい夜のカフェの戸外の絵を描いていた。
テラスで酒を飲む人々はほとんどいなかった。

店の巨大な黄色のランタンの光がテラスや店の正面、床を照らし、通りの石畳みにまで光が伸びていた。照らされた石畳は紫色とピンク色を帯びていた。

通りに面した家屋の切り妻壁は、星が散りばめられた青い空のもと、緑の木樹とともにダークブルーや紫の色を帯びていた。

今ここに黒のない夜の絵画がある。
美しい青、紫、緑と淡い黄色やレモングリーン色で照らされた広場だけがある。

私は夜のこのスポットで絵を描くのが非常に楽しい。
これまでもたくさん絵を描いており、昼間に描いたドローイングを元に油絵を描いている。

ギ・ド・モーパッサンの小説「ベラミ」の始まりがちょうど、通りに面した照明付きのカフェがあるパリの星月夜の風景のだが、私がちょうど今描いている主題はこれと同じようなものだ。

絵のモデルとなったカフェはアルルのプラス・デュ・フォルムという広場に面した店で、「カフェ・ファン・ゴッホ」の名で現存しています。

 

カフェ・ファン・ゴッホの場所はこちら

アルルにはゴッホがゴーギャンと暮らした黄色い家や、跳ね橋など、絵のモデルになった場所が今も多く残っています。ゴッホの絵の世界を360°体感できるおすすめの観光スポットです。

 

● 制作年
1888年

所蔵
クレラー・ミュラー美術館(オランダ)

 

 

3.「星月夜」

 

「星月夜」は、ゴッホの最も優れた作品の1つとして評価されており、また世界で最もよく知られている西洋美術絵画の1つで、ゴッホがサン=レミにあるサン=ポール療養院に入院している間、部屋の東向きの窓から見える日の出前の村の風景を描いた作品です。

今朝、太陽が昇る前に私は長い間、窓から非常に大きなモーニングスター以外は何もない村里を見た。

という制作背景が、ゴッホが弟のテオに手紙あてた手紙には記されています。

精神病院の窓から見える風景を元に描かれた作品ですが、実際にこのような風景は存在しておらず、ゴッホの過去の記憶が反映されています。

 

● 制作年
1889年

● 所蔵
ニューヨーク近代美術館(アメリカ.ニューヨーク)

 

「星月夜」をはじめとするゴッホの作品は「美の巨人たち」でもよく紹介されています。

 

 

4.「花咲くアーモンドの枝」

 

「花咲くアーモンドの枝」は、ゴッホがサン=レミ=ド=プロヴァンスの精神病院で療養していた時、弟テオに息子が生まれるという知らせを聞き、子どもの寝室に飾るようにとお祝いのために描いた作品です。

生まれてきた男の子はゴッホと同じく「フィンセント」と名付けられました。

他の作品では荒々しい筆致や色彩が印象的なゴッホの作品ですが、この作品からは優しい筆致で丁寧に花を描いていったことが伺えることからも、弟の息子の誕生を祝う兄ゴッホの気持ちが伝わってくる作品です。

色彩や構図からは、浮世絵の影響も大きく伺えます。

この作品はファン・ゴッホ家の子孫たちによって代々大切に受け継がれ、今も「ファン・ゴッホ美術館」の所蔵作品の1つとして家族を見守っています。

 

● 制作年
1890年

所蔵
ファン・ゴッホ美術館(オランダ,アムステルダム)

 

 

5.「糸杉と星の見える道」

 

「糸杉と星の見える道」もまた、ゴッホがサン=レミ=ド=プロヴァンスの精神病院で療養していた時に制作した作品です。

ゴッホはこの精神病院から弟にあてた手紙の中で、

いつも糸杉に心惹かれている。

その美しいラインはエジプトのオベリスクのように調和がとれている。

と語っています。また、友人であり同じく画家のゴーギャンにあてた手紙の中で、この作品をゴーギャン作「オリーブ山のキリスト」と同じく、苦悩と不屈をテーマとしたものと説明しています。

まっすぐに天にそびえる糸杉は、ゴッホの孤独や仲間のいない不安を表しているようにも見えます。

 

● 制作年
1890年

所蔵
クレラー・ミュラー美術館(オランダ)

 

 

6.「アイリス」

 

「アイリス」は、ゴッホがサン=レミ=ド=プロヴァンスの療養所に入所してすぐに描いた作品で、病院の庭に自然に咲いていたアイリスを描いたと言われています。

まだこの作品には、後期の作品に見られる過剰な筆致表現は見られません。

ゴッホはこの頃、絵を描き続けるうちに自身の頭がおかしくなっていると感じ初めており、この作品を「病気の避雷針」と呼んで、アイリスを描いた作品を多く制作しました。

平面的な構図や色彩からは、日本の浮世絵からの影響を色濃く感じることができます。

 

● 制作年
1889年

所蔵
ゲティ・センター(アメリカ,ロサンゼルス)

 

 

7.「薔薇」

 

「薔薇」は、ゴッホが、サン=レミの精神療養院に入院したあと、退院前の最後の数週間のうちに描いた作品です。

自ら精神の不安定を感じ入院したゴッホですが、回復を実感した喜びが、この絵からは痛々しいほどに伝わってきます。

まるで気が狂ったように働いた。
大きな束になった花々、紫色のアイリス、
大きな薔薇の花束、風景。

ゴッホは弟テオにあてた手紙に、このように記しています。

 

● 制作年
1890年

所蔵
ワシントン・ナショナル・ギャラリー(アメリカ,ワシントン)

 

 

8.「カラスのいる麦畑」

 

「カラスのいる麦畑」は、ゴッホの最晩年に描かれた作品のひとつです。

聖書の中で「麦刈り」はしばしば人の死の象徴として語られており、ゴッホ自身も死のイメージとして好んで麦畑の主題を描いています。

作品の暗鬱な雰囲気と、晩年に描かれた作品、ということからゴッホの絶筆作と謳われることの多いこの作品ですが、実はこの作品が完成されてから、ゴッホが死ぬまでには25作品ほどの絵が制作されたと言われています。

 

● 制作年
1890年

● 所蔵
ファン・ゴッホ美術館(オランダ,アムステルダム)

 

9.「ファン・ゴッホの寝室」

 

フランス、アルルでゴッホがゴーギャンと暮らした黄色い家の2階を描いた作品で、壁を挟んが隣にはゴーギャンの部屋が隣接していたと推測されます。

同名タイトル・構図の作品は全部で3つあり、一番最初に描かれたのはゴーギャンが黄色い家で暮らす前、1888年の作品で現在はファン・ゴッホ美術館にあり、2番目に描かれた作品は現在シカゴ美術館に所蔵されています。

最後に制作された作品はゴッホが母にあてて送った縮小版の作品で、それぞれ色彩や描き方に違いがあるため、どれが一番優れてた作品かは見る人によって評価が分かれています。

 

ゴッホの部屋に泊まれる?

2016年にシカゴ美術館でゴッホ展が開催されました。
「ファン・ゴッホの寝室」の全3作が一同に返すこの展覧会を記念し、プロモーション企画の1つとして、ゴッホの部屋を再現し泊まれるサービスを展開。

 

宿泊サービス「Airbnb」で貸し出しがスタートしました。

 

細かい置物まで絵の具のタッチが再現されているだけでなく、現代の生活に欠かせない、Wi-Fiやテレビ、エアコン、キッチンにバスルームも完備しています。

そんな手の混んだ部屋ですが、宿泊費はたったの10ドル(1,200円前後)。
前代未聞の企画に予約者が殺到。部屋は即満室となりました。

 

一人で泊まってゴッホの気分になってみたり、ゴーギャンのような間柄の人と泊まっても良いでしょう。良い夢が見られるかは疑問ですが…

 

● 制作年
1888-1889年

● 所蔵
オルセー美術館(フランス,パリ)

 

 

10.「オーヴェルの教会」

 

「オーヴェルの教会」は、オルセー美術館に所蔵されているゴッホ作品として世界的にも有名な作品です。

絵にはゴッホが幼少期を過ごした北の風土の特徴が現れています。妹にあてた手紙の中で、ゴッホはこう記しています。

村の教会の、より大きな絵を私は持っている。

建物はスミレ色に染まり、空のシンプルな深い青の色、純粋なコバルト色によく映えている。

窓のステンドグラスは群青色のシミのように見え、屋根は紫色で一部がオレンジ色をしている。

前景には、緑色の植物少々が花開き、砂は、ピンク色の日光を浴びている。

私がニューネンで、古い塔と墓地を描いた習作とほぼ同じ内容で、ただほんの少し色彩豊かで金がかかっているというだけである。

ゴッホにとって、教会は特別なモチーフだったと言われています。牧師の祖父と父を持ちながら自身はは牧師になれなかったゴッホは、絵を描く事で人々の魂を救済しようと志して画家になりました。

膨大な数の教会を描いていたゴッホですが、父の死後は全く描かなくなります。厳しい軋轢がありながらも尊敬してやまなかった父が死んだとき、教会は父との記憶を蘇らせ、正常な気持ちで描けなくなったのでしょう。

 

● 制作年
1890年

● 所蔵
オルセー美術館(フランス,パリ)

 

 

11.「アルルの跳ね橋」

 

「アルルの跳ね橋」はゴッホがアルルに滞在していた期間に描かれた作品で、様々な構図で描かれた同一の主題の絵が計5枚現存しています。

モデルとなっているラングロワ橋は、実際に運河にかかっていた橋ですが、現在はコンクリート製のものに架け替えられ、別の場所に「ファン・ゴッホ橋」として再現されています。

 

● 制作年
1888年

● 所蔵
クレラー・ミュラー美術館(オランダ)

 

ファン・ゴッホ橋のある場所

 

 

12.「ジャガイモを食べる人々」

 

「ジャガイモを食べる人々」は、ゴッホの画家としてのキャリアでは一番初期に近い年代の代表作品です。オランダのニューネンに住んでいた頃に描かれ、この頃の作品は現在広まっている印象派絵画としてのイメージとはほど遠く、暗い色調で重厚感のある筆のタッチが特徴的です。

この作品についてゴッホは手紙の中で、

ジャガイモを食べる人々がその手で土を掘ったということが伝わるように努めた。

と述べています。

 

● 制作年
1885年

● 所蔵
ファン・ゴッホ美術館(オランダ,アムステルダム)

 

 

13.「ひまわり」

 

ゴッホは画家人生10年の間に、ひまわりを描いた作品を7枚残し、そのうちの6枚が現像しています。

ファン・ゴッホにとって向日葵は、明るい南フランスの太陽であり、ユートピアの象徴であったと言われています。

 

ロンドン・ナショナル・ギャラリーの「ひまわり」

 

そのうちの一点は日本の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(東京)に所蔵されています。

 

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館の「ひまわり」

 

この作品は、1987年のバブル期に、安田火災海上(現・損害保険ジャパン日本興亜)が3992万1750米ドル(約58億円)で購入しました。

週刊誌などでは贋作説が囁かれていましたが、研究調査によりゴッホの真筆と断定されています。

 

 

14.「自画像」

 

ファン・ゴッホは画家人生10年の中で、約37点の自画像を残しました。

パリ時代に描かれた自画像が最も多く残されており、画風の変遷がそこから伺うことができます。

ゴッホは肖像画の習作として、またモデルを雇うお金が無かったために自画像を制作したと言われています。

 

パリ時代の自画像 ファン・ゴッホ美術館蔵

 

アルル時代には、1889年「耳切り事件」のあとに包帯をした2枚の自画像を残しています。

 

アルル時代の自画像「包帯をしてパイプを咥えた自画像」
チューリヒ美術館蔵

 

「耳切り事件」以降に描かれた包帯の自画像を残して、それ以降のサン=レミ=ド=プロヴァンス時代には、すべて左側、耳が切断されていない側から自画像を描くようになります。

 

サン=レミ=ド=プロヴァンス時代の自画像
オルセー美術館蔵

 

終焉の地オーヴェル=シュル=オワーズでは、ゴッホは自画像を一枚も描かなかったと言われています。

 

 



関連記事

運気が上がる 風水に効果的な絵の飾り方

  風水に効果的な絵の飾り方 家に運気を呼び込む玄関や、一番悪い気の入りやすいトイレなど、特に風水インテリアに気を使いたい場所には、運気を良くする雑貨を飾って効果的なインテリアを心がけたいですよね。 今回はインテリア雑貨

イタリアのおすすめ美術館8選

”芸術の都”イタリアで必ず見たい美術館 芸術の都、イタリア。 世界遺産はなんと54箇所で世界一です。 ミケランジェロやダヴィンチ、ラファエロ、カラヴァッジオといった数々の巨匠作品がこの国には残っています。 昔の建物がそのまま

バンクシーの正体はあのミュージシャン?制作中の姿を激写!

ついに明かされる!? バンクシーの正体 世界が注目するグラフィティアーティスト、バンクシー。 彼はその作品だけでなく、正体を公にしていないことでも有名です。 現在に至るまで一切素性を明かさず、人目に触れることなく世界に作品を

フランスおすすめ美術館12選

”芸術の都”を堪能しよう フランスの美術館 芸術の都、パリ。フランスに行くなら、目的の一つに入れたいのが美術館ですよね。 街全体が芸術作品とも言えるような美しい国フランスには、ルーブル美術館やオルセー美術館、ポンピドゥー・セン

オランジュリー美術館への行き方と見どころを徹底解説

モネの「睡蓮」を堪能できるオランジュリー美術館 フランスはパリにあるオランジュリー美術館は、クロード・モネの「睡蓮」の展示に特化した美術館で、「睡蓮」に囲まれるような形で絵画を楽しむ事ができる空間が見どころのひとつです。 また、ルノ