ゴッホスコットランド後期印象派(ポスト印象派)
ART

ゴッホの新たな自画像がX線検査で見つかる、スコットランド国立美術館蔵「農婦の頭部」

フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh、1853~1890)の絵画の一つから、新たなゴッホの自画像が見つかったことが明らかになりました。

作品を所蔵するスコットランド国立美術館(National Galleries of Scotland)は、ゴッホの作品「農婦の頭部(Head of a Peasant Woman, 1885年)」のX線検査を行った際にこの作品を発見したと発表しています。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
80件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す

X線検査で見つかったゴッホの自画像

スコットランド国立美術館は7月14日、ゴッホの作品「農婦の頭部(1885)」に隠された自画像を発見したと発表。

この自画像は、次の展覧会に向けて「農婦の頭部」を修復検査するためX線検査を行った際に見つかりました。

X線写真には、のど元をゆるく結んだツバのある帽子をかぶり、髭を生やした自画像が写っていました。

顔の右側が影になり、後に自身で切り落とした左耳もはっきりと描かれていることから、ゴッホの自画像であると特定されました。

 

レントゲン写真を初めて見たときは、もちろん大興奮でした。

このような大発見は、保存修復師にとって一生に一度か二度ぐらいの、とても特別なことです。

と、スコットランド国立美術館のシニア絵画保存修復師、レズリー・スティーブンソン(Lesley Stevenson)はコメントしています。

 

ゴッホはしばしばキャンバスを再利用し、裏面にも手を加えていたことで知られています。

スコットランド国立美術館は、自画像を覆っている糊の層と厚紙を、「農婦の頭部」の作品自体を傷つけずに取り除く方法を専門家と共に検討しているとのことです。

 

今回発見された自画像は、スコットランド国立美術館にて2022年7月30日から11月13日まで開催される「A Taste for Impressionism」展で公開される予定です。

 

A Taste for Impressionism

会期:
2022年7月30日~11月13日

会場:
スコットランド国立美術館

公式HP:
https://www.nationalgalleries.org/exhibition/taste-impressionism-modern-french-art-millet-matisse

 

 

関連記事

韓国のアートフェア「フリーズ・ソウル」が2022年9月に開催!110の参加ギャラリーを発表

2022年9月に韓国・ソウルで初めて開催される国際アートフェア「フリーズ・ソウル(Frieze Seoul)」。その出展者リストが公開されました。 開催期間は、2022年9月2〜5日の4日間。 今年が初開催となるこのフェアは、メ

「象徴主義」とは?有名な画家と代表作品について分かりやすく解説

「象徴主義」とは? 象徴主義とは、19世紀後半にフランスとベルギーで起こり、ヨーロッパ全土とロシアに波及した芸術運動です。この運動は文学から始まり、音楽、そして美術と広範に及びました。 「象徴主義」という言葉は、フランスで活動し

2022年11月のおすすめ展覧会!大竹伸朗、名和晃平、冨樫義博など人気作家の展示が目白押し

thisismedia編集部から、2022年11月に開催するおすすめ展覧会をお届け。 東京国立近代美術館では大竹伸朗の16年ぶりの個展が開催、十和田市現代美術館(青森県)では名和晃平の最新作が公開されるなど、全国で注目の展覧会が目白押

第33回高松宮殿下記念世界文化賞(2022)アイ・ウェイウェイ、SANAAらが受賞

「絵画」「彫刻」「建築」「音楽」「演劇・映像」の5部門で優れた芸術家に授与される「高松宮殿下記念世界文化賞」。 第33回目となる、2022年の受賞者は、絵画部門にイタリアの画家、ジュリオ・パオリーニ。彫刻部門にアイ・ウェイウェイ、

2022年9月開催のおすすめ展覧会「アンディ・ウォーホル・キョウト」「イッタラ展」など

2022年9月に開催する展覧会の中から、thisismedia編集部がおすすめの展覧会をお届け。 関東エリアではBunkamura ザ・ミュージアムで開催される「イッタラ展」。箱根のポーラ美術館「ピカソの青の時代」展など。 関西エリ

TOP