ゴッホスコットランド後期印象派(ポスト印象派)
ART

ゴッホの新たな自画像がX線検査で見つかる、スコットランド国立美術館蔵「農婦の頭部」

フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh、1853~1890)の絵画の一つから、新たなゴッホの自画像が見つかったことが明らかになりました。

作品を所蔵するスコットランド国立美術館(National Galleries of Scotland)は、ゴッホの作品「農婦の頭部(Head of a Peasant Woman, 1885年)」のX線検査を行った際にこの作品を発見したと発表しています。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
80件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す

X線検査で見つかったゴッホの自画像

スコットランド国立美術館は7月14日、ゴッホの作品「農婦の頭部(1885)」に隠された自画像を発見したと発表。

この自画像は、次の展覧会に向けて「農婦の頭部」を修復検査するためX線検査を行った際に見つかりました。

X線写真には、のど元をゆるく結んだツバのある帽子をかぶり、髭を生やした自画像が写っていました。

顔の右側が影になり、後に自身で切り落とした左耳もはっきりと描かれていることから、ゴッホの自画像であると特定されました。

 

レントゲン写真を初めて見たときは、もちろん大興奮でした。

このような大発見は、保存修復師にとって一生に一度か二度ぐらいの、とても特別なことです。

と、スコットランド国立美術館のシニア絵画保存修復師、レズリー・スティーブンソン(Lesley Stevenson)はコメントしています。

 

ゴッホはしばしばキャンバスを再利用し、裏面にも手を加えていたことで知られています。

スコットランド国立美術館は、自画像を覆っている糊の層と厚紙を、「農婦の頭部」の作品自体を傷つけずに取り除く方法を専門家と共に検討しているとのことです。

 

今回発見された自画像は、スコットランド国立美術館にて2022年7月30日から11月13日まで開催される「A Taste for Impressionism」展で公開される予定です。

 

A Taste for Impressionism

会期:
2022年7月30日~11月13日

会場:
スコットランド国立美術館

公式HP:
https://www.nationalgalleries.org/exhibition/taste-impressionism-modern-french-art-millet-matisse

 

 

関連記事

岡本太郎とは?代表作品「太陽の塔」と画家の人生について分かりやすく解説

岡本太郎ってどんな人? 日本を代表する画家として有名な岡本太郎。 「芸術は爆発だ!」の名言でもお馴染みですね。 大阪万博の「太陽の塔」や奇抜な配色の絵画、奇妙な形のオブジェを連想する方が多いのではないでしょうか? ですが、彼を単

サマソニ2022 東京「Music Loves Art in Summer Sonic 2022」開催、アンドロ・エルリッヒらが参加

日本最大級の都市型ロック・フェスティバル「SUMMER SONIC(サマーソニック)」。 2022年のサマソニ東京会場では、国内外で活躍するアーティストたちによる大型アート作品展が開催されることになりました。 このイベントは文化庁が主催

黒板アートとは?簡単に描くコツや傑作アートを紹介!

学生時代、毎日のように向かい合った黒板。 先生にあてられて苦手な数式を書かされたり、落書きしたり、いろいろな思い出が浮かぶのではないでしょうか。黒板はどの教室にも必ずある、一番身近な存在でした。 その黒板をキャンパスに見

エッシャーの作品11選!不思議なだまし絵の世界にひたってみよう

  日本でも人気が高い奇想の版画家エッシャー。 一見緻密な写実画のようなエッシャーの作品は、よく見ると現実には存在しえない世界が表現されており、唯一無二の世界観を持っています。 私たちを不思議な世界に誘うエッシャーの生涯、そして版

戦争画とは?「アッツ島玉砕」などの有名作品・戦争時代を生きた画家について詳しく解説

  戦時中において、美術作品は身分の高い人物の肖像画や戦争の記録などを描くことでプロパガンダとしての役割を担うことが少なくありませんでした。 日本では古来から戦争を描いた絵画が存在し、主に戦争賛美や記録の目的で描かれたと言わ

TOP