京都刺繍刺繍絵画展覧会工芸日本橋
CULTURE

「刺繍絵画の世界展 ‐明治・大正期の日本の美‐」髙島屋(日本橋・京都)で開催!

刺繍絵画の世界展 ‐明治・大正期の日本の美‐

明治期を中心に製作された「刺繍絵画」を展示する「刺繍絵画の世界展 ‐明治・大正期の日本の美‐」展が日本橋、京都の高島屋で開催されます。

 

 日本橋髙島屋S.C本館8階ホール
 2022年8月24日(水)~9月12日(月)

 京都髙島屋7階グランドホール
 2022年9月15日(木)~9月26日(月)

 

明治から大正にかけて製作された刺繍絵画が一堂に集結する本展。

100年の年月を経て日本へ里帰りした「獅子図」をはじめ、髙島屋史料館、清水三年坂美術館、千總、青木刺繍などが所蔵する数々の絢爛で優美な刺繍絵画が目白押しです。

そもそも「刺繍絵画」とは何なのか?展示の見どころも含めて詳しくご紹介します。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
23件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
55件見つかりました!
診断をやり直す

「刺繍絵画」とは?

刺繍絵画の世界展 ‐明治・大正期の日本の美‐「刺繍絵画」とは、日本画家が描いた下絵をもとに、職人が針と糸で縫い上げた絵画を壁掛や衝立などに仕立て製品化したものです。

一見絵画のように見えますが、よくよく見ると針と絹糸で刺繍されていることが分かります。

 

刺繍絵画は明治・大正期に盛んに製作され、日本が誇る美術工芸品の一つとして、海外の邸宅の室内装飾用に多く輸出されました。

当時、近代化を急ぐ日本では、文化国家であることを海外にアピールするため、また外貨獲得により日本を豊かにしようという政策のもと、刺繍絵画を含む様々な美術工芸品が欧米へ向けて輸出されました。

 

刺繍絵画の世界展 ‐明治・大正期の日本の美‐

刺繍職人は、わずか1cmほどの直線を一針一針、緻密に縫い上げることを繰り返しながら、自在に曲線を描き、染め分けた絹糸の色の濃淡のみで立体感を表現しています。

細部までも考え抜かれた作品は、完成させるのに数カ月〜約1年かかったであろうと言われています。

刺繍技巧の限りが尽くされていることから「日本刺繍の最高峰」とも評価されています。

 

刺繍絵画の世界展 ‐明治・大正期の日本の美‐

刺繍絵画は当時、世界各国で開催されていた「万国博覧会」にも出品され、世界の人々から賞賛されました。

ヨーロッパで脚光を浴びていた「ジャポニズム」もその追い風となり、海外の美術館には現在も日本の刺繍製品が数多く収蔵されています。

刺繍絵画の多くが海外に渡った一方で、日本に残ったものは少なく、そのため日本人が国内で刺繍絵画に出会う機会はほとんどありませんでした。

 

「刺繍絵画の世界展 ‐明治・大正期の日本の美‐」

刺繍絵画の世界展 ‐明治・大正期の日本の美‐当時、刺繍絵画の製作は、髙島屋の三代目・四代目 飯田新七と、京友禅の老舗として知られる千總(ちそう)の十二代目 西村總左衛門が主に担っていました。

 

「刺繍絵画の世界展 明治・大正の日本の美‐」では、国内にある貴重な刺繍絵画作品を中心に、髙島屋が1900年のパリ万博に出品した染織作品の下絵、ビロード友禅など、貴重な資料が一堂に公開されます。

惚れ惚れとするような絢爛で優美な刺繍絵画の世界に浸ることができる展示となっています。

 

刺繍絵画の世界展 ‐明治・大正期の日本の美‐

見所の一つは、刺繍絵画「獅子図」。

この作品の下絵は、画家・図案家の神坂雪佳の弟で、同じく画家の神坂松濤が描いた「獅子図」が手掛けました。

糸ならではの質感で獅子の毛並みを繊細に表現されており、想像を絶する忍耐力と根気が感じられる作品です。

 

髙島屋の輸出品の記録写真集には複数の獅子図の製品が確認でき、当時、この獅子は好評を博したモチーフであったようです。

創業190周年を迎えた2021年には、髙島屋が明治から大正にかけて欧米に向け輸出した刺繍絵画「獅子図」が里帰りし、100年以上の時を経て、日本橋、大阪、京都で下絵と共に公開されました。

 

刺繍絵画の世界展 ‐明治・大正期の日本の美‐

日本を代表する美術工芸品「刺繍絵画」。

再現不可能といわれる繊細な刺繍絵画を是非心ゆくまで堪能してみてください。

 

「刺繍絵画の世界展 ‐明治・大正期の日本の美‐」

日本橋髙島屋S.C.本館8階ホール

会期 :
2022年8月24日(水)~9月12日(月)

入場時間 :
10:30~19:00(19:30閉場) ※最終日は17:30まで(18:00閉場)

京都髙島屋 7階グランドホール

会期 :
2022年9月15日(木)~9月26日(月)

入場時間 :
10:00~18:00(19:00閉場)※最終日は16:00まで(17:00閉場)

入場料 :

一般

1000円(800円)

大学生・高校生 800円(600円)
中学生以下無料

無料

※入場料の( )内は前売り料金。日本橋店の前売券は6月15日から8月23日まで、京都店の前売り券は6月22日から9月14日まで、それぞれセブンチケット、ローソンチケットにて販売。

特設サイト
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/shishukaiga/index.html

 

 

関連記事

北欧デザインとは?日本人に人気な理由、有名ブランド・デザイナーを詳しく解説

家具や生活雑貨を中心に、シンプルで温かみのあるデザインが人気の北欧デザイン。 北欧の自然や文化から生み出されたデザインは、年齢を問わず幅広い年代に支持されています。 IKEAをはじめとする北欧家具、マリメッコ、イッタラなどの北欧

「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展が東京都現代美術館で開催!12/21から

装飾芸術美術館(パリ)、ヴィクトリア&アルバート博物館(ロンドン)、ブルックリン美術館(ニューヨーク)と世界を巡回してきた「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展が、2022年12月21日より東京都現代美術館(清澄白河)で開催

映画「春画先生」10/13より公開!日本映画史上初、春画を無修正で上映

江戸時代に木版画技術の発達と共に流行し、いわゆるエロ本として人々に親しまれた「春画」。 春画の研究に没頭する変わり者の研究者とその弟子を中心に展開する異色の偏愛コメディ映画「春画先生」が、2023年10月13日より全国の劇場で公開

おすすめの人気絵本29選!子どもから大人まで楽しめる絵本をご紹介

絵本は、わかりやすい絵と表現で描かれているものが多いので、「子供のための本」というイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。 しかし、簡潔な表現で多くを語りすぎない絵本は、子供はもちろん大人も想像力を掻き立てられるもの。 今回は、

泣けるアニメ映画おすすめランキング15!「この世界の片隅に」「君の名は。」など感涙必至の名作アニメ

日本が世界に誇るカルチャーのひとつでもあるアニメ。 子どもだけでなく、大人が観ても心を揺さぶられ、感動するアニメ映画も数多くありますよね。 映像の美しさや、声優の演技が光る作品など、アニメの魅力はとても奥が深いです。 今回は数

TOP