インスタレーションタイバンコクルイ・ヴィトン南瓜現代アート草間彌生
ART

草間彌生の南瓜がタイ・バンコクに登場!ルイ・ヴィトン×草間彌生コレクション

草間彌生本人にそっくりのロボットや巨大彫刻が登場するなど、世界的な注目を集めている「ルイ・ヴィトン×草間彌生」のコラボレーションキャンペーン。

2023年3月23日、ロンドン、パリ、東京でのキャンペーン発表に続いて、タイ・バンコクのショッピングモール「サイアムパラゴン」の屋外スペースに草間彌生の「南瓜」をモチーフとしたオブジェ作品が展示されました。

草間彌生のアイコンであるドット柄のカラフルな南瓜が101個設置され、写真撮影を楽しむ人々で賑わっています。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
23件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
55件見つかりました!
診断をやり直す

「ダンシング・パンプキン」

2023年3月23日、「ルイ・ヴィトン×草間彌生」コレクションのタイ・バンコクでの発売を記念したキャンペーン企画として、ルイ・ヴィトン バンコク店があるサイアムパラゴンの屋外スペースに、101個のカラフルな南瓜のオブジェが登場しました。

 

「ダンシング・パンプキン」と題されたこの屋外作品は、大小様々なサイズのカラフルなドット柄の南瓜が配置され、地面もドット柄で埋め尽くされています。

中央には高さ5.5メートルもの巨大な南瓜が配置され、下を潜ったりすることもできる巨大インスタレーション作品となっています。

展示スペースは入場無料となっており、写真撮影も可能です。

 

「ルイ・ヴィトン×草間彌生コレクション」キャンペーン

2023年1月、ルイヴィトンと草間彌生の10年ぶりのコラボレーションが実現しました。

コレクションの発表開始以来、ルイ・ヴィトンはドット柄の商品を店頭に並べるだけでなく、ロンドン、パリ、ニューヨーク、東京と世界各地の主要な都市で次々と斬新なキャンペーンを展開しています。

パリではシャンゼリゼのビルの屋上に巨大な草間彌生が出現、ロンドンではビルとほぼ同じ高さの草間彌生がデパートの壁面に水玉を描き、東京では口や目が動く本人そっくりの草間彌生ロボットがショーウィンドウに登場するなど、いずれもSNSを中心に注目を集めています。

 

バンコクでも大人気のドット南瓜

カラフルな南瓜で埋め尽くされた展示スペースには多くの人々が立ち寄り、写真撮影を楽しんでいるとのこと。

来場者からは以下のようなコメントが寄せられています。

草間彌生のファンで、カラフルな色遣いが好きなんです。

今日持ってきたバッグは以前の彼女のコラボ商品なんです

友人に早く来たほうがいいと誘われました。

今後さらに人が押し寄せると思います 

 

お近くにお住まいの方、これからバンコクを訪れる予定のある方はぜひ足を運んでみてください。

 

「Louis Vuitton x Yayoi Kusama: Dancing Pumpkin」

店舗 : LOUIS VUITTON BANGKOK SIAM PARAGON

住所 : Siam Paragon 991
Siam Paragon Rama 1 Road Pathumwan, Bangkok

公式HP : https://eu.louisvuitton.com/eng-e1/point-of-sale/thailand/louis-vuitton-bangkok-paragon-

 

 

関連記事

ゴッホの有名作品をすべて解説!「ひまわり」を含む代表作品14選

「炎の画家」ゴッホが残した 名画14選を徹底解説 「炎の画家」ゴッホ、彼の残した力強く色彩感のある絵画は、日本だけでなく世界中の人に愛されています。 現代の人気とは正反対に、その生涯に1枚しか絵が売れなかったというゴッホ。

「曜変天目」とは?世界に3点しかない国宝の歴史と魅力に迫る

「曜変天目」とよばれる茶碗をご存知でしょうか? 「器の中に宇宙が見える」と評されるほどの美しい輝きを放つ茶碗であり、現在では世界に3椀しか存在しない大変貴重な芸術品です。 この記事では、今もなお多くの人を惹きつけて止まない曜変天

ゲルハルト・リヒターとは?ドイツ最高峰の画家の生涯と代表作品について詳しく解説

ドイツが生んだ現代美術の巨匠、ゲルハルト・リヒター。 リヒターは美術界で反絵画的な風潮が強まっていた1960年代後半に作家活動をスタートし、写実画・抽象画・写真の上にペイントしたオーバー・ペインテッド・フォトなど、様々なアプローチ

ロシアパビリオンの参加アーティストらが辞退を表明|ヴェネチア・ビエンナーレ2022

ロシア連邦によるウクライナへの攻勢が続く中、今年4月に開幕される「第59回ヴェネツィア・ビエンナーレ」では、ロシアパビリオンの閉鎖が正式に決定しました。 ロシアパビリオンに参加を予定していたアーティストとキュレーターが揃って辞退を

「イヴ・サンローラン展 時を超えるスタイル」国立新美術館で開催、 9/20〜

世界的ファッションブランド「イヴ・サンローラン」の創業者であり、かつて「モードの帝王」「モードの革命家」と呼ばれた偉大なファッションデザイナー、イヴ・サン=ローラン(1936-2008)。 イヴ・サンローラン美術館パリの協力を得て、日

TOP