2017/05/15
アート/Art

意外!あの人も!?武蔵野美術大学出身 有名人・アーティストまとめ

 実はあの人もムサビ卒!?

芸能人や有名アーティストの中には意外と美術大学出身の人がいます。

今回は武蔵野美術大学に絞って、有名人・アーティストをまとめてみました。

意外と芸能人や知っている作家も多いかと思います。

ムサビを受験しようかなーと考えている方も参考になさってください。

 

 

⬇⬇これを作ってるのも実はムサビ卒業生!?

 

↓↓まずは有名人から!

・リリー・フランキー

th0WVXEHRZ

出典

1963年福岡県北九州市に生まれ、マルチタレントとして活躍中です。職業としては俳優、イラストレーター、放送作家、ライター、エッセイスト、小説家、絵本作家、アートディレクター、デザイナー、ミュージシャン、作詞家、作曲家、構成作家、演出家、ラジオパーソナリティー、フォトグラファー等が挙げられ、非常に多才な顔を持っています。

 

経歴

中学卒業後、大分県の大分県立芸術短期大学付属緑丘高等学校に進学。その後、武蔵野美術大学に進学し、5年かけて卒業。

1991年にはラジオ番組の構成に関わった縁から宍戸留美の楽曲政策に携わり、音楽関係の仕事の糸口となった。

1994年からエッセイコラムを雑誌で連載し、その名を広く知らされるようになった。

2001年に発行された絵本『おでんくん』は独特のタッチで知られ、NHK教育テレビでアニメ化されるまで人気を呼んだ。

2005年には初の長編小説である『東京タワー~オカンとボク、時々、オトン~』の単行本が発行されると、「泣き顔を観られたくなければ電車で読むのは危険」などの口コミで200万部を突破するベストセラーになる。この作品は「本屋大賞2006」大賞を受賞し、テレビドラマ化、映画化、舞台化までされた。

 

 

・草野マサムネ(スピッツ)

草野マサムネ

出典

1967年福岡県に生まれ、ミュージシャン、シンガーソングライターとして活躍中です。

 

経歴

高校在学中に友人と組んだコピーバンドが初バンド活動となった。

高校卒業後に東京造形大学に入学し、今のバンドメンバーである田村明浩と出会いバンドを結成する。

東京造形大学を中退し、武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科に入学。しかし、その後も田村明浩との交流は続き、彼の呼び掛けによりスピッツが結成される。

1989年には新宿ロフトのイベントに出演するようになり、ワンマンライブも敢行された、。

1990年、インディーズレーベルから初のCDがリリースされる。

同年夏にはレコード会社と契約し、91年にシングル「ひばりのこころ」と1stアルバム『スピッツ』を同時にリリースされる。

1994年にリリースした「空も飛べるはず」がスマッシュヒットとなり、96年「ロビンソン」を発表するとオリコンチャートトップ10入りしロングセラーとなる。

その後2017年にいたるまでヒットメーカーとして音楽界で活躍している。

 

 

・林家たい平

林家たい平

出典

1964年埼玉県に生まれ、落語家として活躍中です。

 

経歴

高校卒業後、武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科に入学。在学中に落研サークルに所属し、廃部寸前から持ち直させた。

1988年に大学を卒業後、林家こん平に入門した。

2004年から師匠こん平の代役として笑点大喜利の席に上がるが、2006年師匠の復帰のめどが立たないことからレギュラーメンバーとなる。

2008年平成19年芸術選奨大衆芸能部門文部科学大臣新人賞を受賞。

2010年から母校である武蔵野美術大学で客員教授を務めている。

 

 

・みうらじゅん

みうらじゅん

出典

1958年京都府に生まれ、漫画家、イラストレーターとしておもに活躍しています。実際の活動としては、エッセイスト、小説家、ミュージシャン、評論家、ラジオDJ、編集長、ライター、解説者とあり、幅広い分野で行っているが、公表しているのはイラストレーターのみです。

 

経歴

高校卒業後2年浪人し、武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科に入学する。

在学中から、友人が勤めていた関係で糸井重里の事務所に出入りし、カットの仕事をもらっていた。

1980年に『ガロ』誌上でデビューを果たす。

1982年には『週刊ヤングマガジン』でちばてつや賞で佳作を受賞する。

1980年代後半からテレビ・ラジオ出演もふえはじめ、より幅広い活動をはじめる。

2003年、自伝的コミック『アイデン&ティティ』が映画化され再び脚光を浴びる。

 

 

・村上龍

村上龍

出典

1952年長崎県に生まれ、小説家、映画監督、脚本家として活動しています。

 

経歴

高校卒業後、1972年に武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科に入学。

1976年、在学中に『限りなく透明に近いブルー』で第19回群像新人文学賞、第75階芥川龍之介賞を受賞し衝撃的なデビューを果たす。大学を中退し本格的な作家活動を開始する。

1980年『コインロッカー・ベイビーズ』で第3回野間文芸新人賞を受賞し、その後も数多くの作品を発表。

2003年、中学生に向けて『13歳のハローワーク』を発表し、どんな仕事をやりたいか、どうやってやりたいことを仕事にするか、仕事に興味を持ってもらうことに焦点があたっていたところから教育現場で取り入れられるなど話題を呼んだ。

 

 

 

⬇⬇続けて作家・アーティストなどご紹介します。

 

・奈良美智

奈良美智

出典

1959年青森県に生まれ、世界から注目される画家・彫刻科です。ニューヨーク近代美術館(MoMA)やロサンゼルス現代美術館に作品が収蔵される、日本の現代美術の第二世代を代表する一人です。主に女の子をモチーフとした作品が多く、こちらを独特な目線で睨み返す少女のドローイングが印象的です。

 

経歴

高校を卒業後、武蔵野美術大学に入学するも1年で中退し1981年に愛知県立芸術大学美術学部美術学科油絵専攻に再入学する。

1987年に同大学院修士課程を修了し、河井塾教員を経て1988年ドイツ国立デュッセルドルフ芸術アカデミーに入学する。

93年にアカデミーを修了し、翌年から2000年まではケルン近郊のアトリエを拠点に作品を制作。

1995年には名古屋市芸術奨励賞を受賞した。

2000年に帰国し、2001年から日本で大規模な個展を開始した。

2006年度には武蔵野美術大学客員教授を務めた。

2010年にはアメリカ文化に貢献した外国出身者を表彰するニューヨーク国際センタ賞を受賞し、ヨー・ヨー・マにつぐアジア人としての受賞だった。

2013年芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。

 

作品が収蔵されている美術館

青森県立美術館

原美術館

ハラ ミュージアム アーク

高松市美術館

徳島県立美術館

金沢21世紀美術館

ニューヨーク近代美術館MoMA

ロサンゼルス現代美術館 など

 

 

・原研哉

無印良品

出典

1958年岡山県に生まれ、グラフィックデザイナーとして活躍しています。無印良品のボードメンバー、広告、その他幅広い領域のデザインで活躍しています。

 

経歴

1983年武蔵野美術大学院修士課程を修了し、日本デザインセンターに入社し広告などで活躍。

1998年、長野冬季オリンピックの開会式閉会式のプログラムを手掛け、また、同じ年に山口県梅田病院などのデザイン計画にも携わる。

2000年RE DESIGN展で世界インダストリアルデザインビエンナーレ大賞を受賞。

2001年松屋銀座のリニューアル計画にかかわり、この年から無印良品のボードメンバーにも参加。

2005年、愛知万博のプロモーションを担当。

2015年7月、2020年夏季オリンピック東京大会の公式エンブレムの入選3作品まで残る。日本文化デザイン賞、毎日デザイン賞、講談社出版文化賞など数多く受賞歴がある。

 

 

・伊藤計劃

伊藤計劃

出典

1974年東京都に生まれ、SF作家として活躍するが、作家デビューしてからわずか2年、2009年に早逝してしまいます。短い活動期間ながらも処女作はゼロ年代における日本のSFベストに挙げられています。

 

経歴

高校卒業後、武蔵野美術大学造形学部映像学科に入学。

卒業後、2004年から「はてなダイアリー」にて映画・SF評論ブログをはじめる。

Webディレクターの傍ら執筆した『虐殺器官』が、2006年第7回小松左京賞最終候補まで残り、ハヤカワSFシリーズJコレクションより刊行され作家デビューを果たす。

この作品で『SFが読みたい!2008年版』1位、月刊プレイボーイミステリー大賞1位、日本SF作家クラブ主催第28回日本SF大賞候補となった。

期待の新人として脚光を浴びるも2009年3月肺がんのため死去。

同年12月、遺作となった『ハーモニー』で第30回日本SF大賞を受賞。

また、2010年には英語版で出版されアメリカでSF小説を対象としたフィリップ・K・ディック賞の特別賞を受賞した。

未完作品となった『屍者の帝国』を円城塔が原稿を引き継ぎ完成させ2012年に刊行した。

「Project Itoh」として、『屍者の帝国』『ハーモニー』『虐殺器官』の三作品が連続アニメ化された。

 

⬇こちらで作品について紹介しています

 

 

・今敏

今敏

出典

1963年北海道に生まれ、アニメ監督、漫画家として活躍。

 

経歴

高校卒業後、武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科に入学し、グラフィックを学ぶ。

1984年、在学中に『虜―とりこ―』で『週刊ヤングマガジン』第10回ちばてつや賞で優秀新人賞を受賞、漫画家としてデビューする。

1987年大学卒業後、講談社から『海帰線』などを発表する。

1991年には『老人Z』で初めてアニメ制作にかかわる。

以降漫画制作は『セフィラム2億6661万3336の翼』で終わりにし、アニメ制作に専念する。

1993年『ジョジョの奇妙な冒険』で原画、シナリオ・演出・構成尚を手がk他。

1995年、大友監督とのオムニバス作品『MEMORIES/彼女との想いで』に脚本・美術設定・レイアウトとして参加。

2002年オリジナル作品『千年女優』を発表、これが成功をおさめ多くの賞を受賞。

2003年『東京ゴッドファーザーズ』を発表、2004年から『妄想代理人』でTVシリーズの制作を始める。

2006年、かねてから切望していた筒井著『パプリカ』の映画を発表。

2010年8月、次回作『夢みる機械』の制作に着手していたが、すい臓がんのため逝去。この作品は2016年に制作中止が発表された。

 

 

・辛酸なめ子

辛酸なめ子

出典

1974年東京都に生まれ、漫画家・コラムニストとして活躍しています。

 

経歴

女子学院中学・高校を卒業後、武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻に入学。

在学中から中ザワヒデキの事務所でアルバイトをしながら、創作活動を行う。

1994年にs部やパルコのフリーペーパー『GOMES』主催のGOMES漫画グランプリでGOMES賞を受賞。

2008年7月『第一回ギャグ漫画家大喜利バトル』に出演し、準優勝を果たす。

 

作風

独特な絵柄と皮肉たっぷりの表現が特徴的で、現在『週刊文春』、『サイゾー』など新聞や雑誌など多数の連載を抱えている。

 

 

・栗原正己(クリコーダーカルテット)

栗原正己

出典

東京都西多摩郡出身で、武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科を卒業編曲やCMなどの作曲で活躍しています。

ピタゴラスイッチ内の歌やドンタコスのCMの歌など自身が歌唱することも多々あります。

1994年に栗コーダーカルテットを結成し、スターウォーズやジブリ作品の楽曲をカバーし独特な雰囲気で人気を呼んでいます。

手がけたCMは500本以上に上ります。

 

 

・中山みどり

中山みどり

出典

1974年愛知県に生まれ、フェルト作家として活躍しています。200年武蔵野美術大学造形学科日本画学科を卒業し、2001年から羊毛フェルトでの制作を開始します。その後ペットそっくりの羊毛フェルトでの造形が人気を博し、全国様々なところで個展を開催しています。

 

 

・中島信也

燃焼系アミノサプリ

出典

1959年福岡県にうまれ、CMディレクターとして活躍しています。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科を卒業後東北新社に入社します。日清食品カップヌードル「hungry?シリーズ」CMで日本人初のカンヌ国際交国際グランプリを受賞します。他にも、サントリー燃焼系アミノ式「グッバイ、運動。シリーズ」が有名で、広く知られています。他にも『ウルトラマンゼアス』の映画監督を務めたり、後進の育成にも力を入れ講師を務めたりしています。

 

 

・山口啓介

山口啓介 カナリア

出典

1962年兵庫県に生まれました。武蔵野美術大学を卒業後、大型銅版作品で多くの賞を受賞しデビューを果たしました。「方舟」や「宇宙船」といったモチーフで知られ、立体、絵画、インスタレーションなど様々な方法で作品を展開しています。1997年に発表した、音楽用カセットケースと花や植物を使った作品「カセットプラント」が注目されました。

 

 

・青木野枝

青木野枝

出典

1958年東京都に生まれ、鉄を素材にした空間表現が特徴とされる彫刻科、版画家です。

武蔵野美術大学造形学部彫刻学科を卒業後、パブリックアートを中心に作品を展開し、様々な美術館に作品が収蔵されています。

 

⬇青木野枝さんの作品はこちらでも紹介しています⬇

オフィス街永田町でアート散歩

 

いかがでしたか??

意外と色んなところにムサビ卒の人がいませんでしたか?

紹介しきれませんでしたが、他にも湘南乃風の若旦那さんや、中退されましたが水木しげるさんなど、様々なアーティストを輩出しています。

またご紹介していきたいと思います。

 

⬇⬇気になる美大生の鞄事情はこちら

 

⬇⬇世界の100人に選ばれた草間彌生についてはこちら

 

関連記事

前衛の女王 草間彌生について知りたい!

前衛の女王 草間彌生について知りたい!   草間彌生というアーティストをご存知ですか?名前は知らなくても彼女の作品を様々な場所で目にしているはずです。赤に白の水玉模様、黄色に黒の水玉に覆われたかぼちゃなど、この二つは特に様

春はもうすぐ!美大進学予定のみなさんに送る『美大の4月』紹介

美大生の春とは一体?普通の大学とは違うのでしょうか Photo credit: 紅典阿智 via VisualHunt / CC BY-NC-SA もうすぐ春ですね。春と言ったらやはり入学の時期、皆様の中には新入生になる方もいらっし

1本で1,600万色!クラウドファンディングに登場した『Scribble Pen』で難しいあの色も再現?

Kickstarterに『魔法のペン』が登場するとか...?お絵かきは子供のお遊び? Photo credit: yto via Visual Hunt / CC BY皆さんは休日や時間が空いた時間に、絵を描かれる事がありますか?美大生や絵

オフィスにアートがやってくる。Thisisgalleryによるレンタルアートサービス『This is Rental』リリース

 Thisisgalleryによるレンタルアートサービリリース『This is Rental』リリースのお知らせ2016年3月16日、アートのオンライン展示・販売サービスであるThisisgalleryによるレンタルアートサービス

生誕300周年。再発見された伊藤若冲の魅力

数世紀の刻を超えて見出されし絵画『生誕300年記念 若冲展図録』東京都美術館ほか編 緻密な描写の彩色絵や軽妙な筆遣いの水墨画など、初期から晩年まで若冲の代表作89点を紹介する本展図録。辻惟雄氏など若冲に関わりの深い方々の文章を収録した読み応