ルドン画家美術史
ART

オディロン・ルドンとは?象徴主義を代表する画家の生涯と代表作品を解説

フランスの画家ルドンは、「孤高の画家」として知られています。

精神世界を芸術へと昇華させ見事に表現した彼の作品は多くの人々の心を惹きつけ、19世紀末には象徴主義と呼ばれる一大ムーブメントの代表的な存在となりました。

この記事ではルドンの作品をより深く楽しむために、彼の生涯を追いながら作品や鑑賞のポイントを紹介していきます。

 

あなたの部屋に合うアートは?
「アート診断」

Q1.希望の価格帯は?

Q2.気になるジャンル・モチーフは?

国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
30件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
80件見つかりました!
診断をやり直す
国内最大のアートギャラリーで
あなたにおすすめの作品が
34件見つかりました!
診断をやり直す

ルドンとは

印象主義・象徴主義の画家

オディロン・ルドンは、19世紀後半から20世紀初頭にかけて活躍したフランスの画家です。

ルドンは印象派の画家たちと同世代ですが、日常的風景を主題とすることが多かった当時の他の画家とは違い、無意識下の世界を描写したかのような幻想的世界観を描き続けました。

そのため、彼は独自の道を歩んだ孤高の画家として知られています。

同時期のギュスターヴ・モローと同様に象徴主義の代表的な画家として認知されており、シュルレアリスムの先駆的存在といえます。

 

木炭画やパステル画、油彩画など多彩な画法を使い分ける

ルドンは木炭画やパステル画、油彩画などの多彩な画法を使い分けることでよく知られています。

特に50歳を過ぎたあたりからは木炭画を離れ、パステル画、油彩画を中心に制作するようになり、その豊かな色彩表現が高く評価されています。

また、ルドンはリトグラフの技法も習得しており、1897年には初の版画集「夢のなかで」を出版しています。

ルドンは自身の画法や作風に固執することがなく、柔軟な姿勢をもっており、彼の作品は年代を追うごとに作風が大きく変化していくことがわかります。

 

ヒンドゥー教・仏教にも高い関心を寄せた

ルドンは、ヒンドゥー教や仏教へ高い関心を寄せていたことで知られています。

ルドンは若いころから、アルマン・クラヴォーという独学の植物学者から読書の手ほどきを受けており、アルマンは長年に渡ってルドンの精神的指導者でした。

アルマンから文学や最先端の科学、世界の様々な思想などの知識について手ほどきを受けました。

東洋の思想に関心を持ったのもアルマンの存在がきっかけだと言われています。

その関心は彼の作品にも表れており、20世紀最初の10年間には様々な宗教絵画が混ざり合ったような神秘的な作品を残しています。

 

ルドンの生涯

15歳から素描を始める

ルドンは1840年に南フランスのボルドーで生まれた後、寂しい田舎であるボルドー近郊の町ペイル=ルバードで育ちました。

15歳のときには、画家スタニスラス・ゴランから手ほどきを受け、素描を始めています。

子どものころから絵を描くのが好きでしたが、父親の意向で建築家になることを目指していました。

しかし、フランスの美術学校であるエコール・デ・ボザールの試験に合格することができず、建築家になることは諦めざるを得ませんでした。

 

パリへ移住

普仏戦争に従軍した後、素描家を目指すべくして1872年にパリへ移住をします。

当初は木炭による素描を世に広めようとしていましたが、出入りしていたサロンでリトグラフの技法を学び、1879年に初の石版画集「夢の中で」を刊行しました。

それ以降、ルドンは石版画集や単独の絵画作品を数多く制作するようになりました。

 

木炭画に加えてパステル画や油彩画も製作

画家として遅咲きのデビューを飾ったルドンは、ハイペースで作品の制作を進めていきました。

かねてから得意としていた木炭画に加えて、パステル画や油彩画へ表現方法を広げていきます。

これによってルドンの作品は、モノクロの作風から色彩豊かなものへ変貌を遂げていきました。

 

「象徴主義」を代表する画家に

1884年にジョリス=カルル・ユイスマンスの小説「さかしま」でルドンの作品が取り上げられたことにより、ルドンは世間から注目されるようになりました。

当時は文学の世界を中心に象徴主義の流れが生まれていました。

そういった背景が後押しとなり、ルドンは同時期に活躍したギュスターヴ・モローとともに象徴主義の代表的な画家として知られるようになります。

 

若手画家たちとの交流を深める

1894年にはデュラン・リュエル画廊での個展が成功し、ルドンは象徴主義の画家として確固たる地位を築きました。

当時の象徴主義のムーブメントの影響から、ルドンの作品は若手画家たちから大きく歓迎され、新しい絵画の先駆者として認識されるようになります。

ルドンは若手画家たちとの交流を深め、その影響から室内装飾を手掛けるようにもなりました。

 

装飾絵画から抽象絵画へ移行

1899年にルドンは、ロベール・ド・ドムシー男爵からドムシー・シュール・レ・ヴォルト城のダイニングルームに飾る装飾絵画の注文を受けました。

このドムシー城へ納品する装飾絵画は、ルドンがそれまでに制作した作品の中で最も先進的なものとなり、彼が装飾絵画から抽象絵画へ移行する大きなきっかけになったといわれています。

 

晩年

芸術家として順風満帆な人生を築いていたルドンでしたが、激化していた第一次世界大戦に兵士として招集された次男アリが消息不明になってしまいます。

ルドンはアリの行方を捜すために、76歳の高齢でありながらも各地を訪ねて回りましたが、その過程で風邪をこじらせてしまい、1916年にパリの自宅でその生涯を終えました。

 

ルドンの作品の特徴

テーマは幻想の世界

ルドンの作品最大の特徴は、無意識下を投影したような幻想的な世界観を描いた点です。

精神世界を投影したようなルドンの作品は、心理学者フロイトによって無意識の存在が提唱された当時の世の中で広く受け入れられました。

また、彼の作風は19世紀後半にパリで起こっていた反物質主義的なムーブメントに後押しされ、写実主義や印象派に対するアンチテーゼとして語られることもあります。

 

退廃的な雰囲気の中に垣間見えるユーモア

ルドン作品は退廃的またはグロテスクな作風がよくみられます。

特にモノクロの版画作品をよく制作していた時期は、絶望感を感じさせる作品が多くありました。

しかしながら、人間の顔を具えたキャラクターや動物のような顔で笑う蜘蛛など、作品の中に垣間見えるどこか愛嬌のある描写から、人間としての温かみも感じられます。

 

神秘的・宗教的な世界観

ルドンの作品は、その幻想性に加えて神秘主義的な描写が多くみられたことも特徴としてあげられます。

内的な神秘体験を芸術に昇華させた彼のスタイルは、後のシュルレアリスムのきっかけになったともいわれています。

また、ルドンは仏教やヒンドゥー教などの様々な宗教に関心を寄せていたこともあり、それらの世界観を混ぜ合わせた作品も残しています。

代表的なものだと、1899年制作の「釈迦の死」、1906年制作の「釈迦」などがあげられ、東洋思想から強く影響を受けていたことがわかります。

 

ルドンの代表作品10選

眼=気球(1878)

この作品は版画集「エドガー・ポーに」の中にある1枚であり、ルドンの代表的な作品としてよく知られています。

大きな眼球がついた気球が、切断された人の頭部を運んでいるといったグロテスクな光景を描写した作品で、旧約聖書のサロメの物語を模しているといわれています。

このような風船についた眼球や切断された頭部は、私たちが過ごしている現実からの離脱を意味し、現実を超越した高みの精神世界へ向かおうとするものの象徴として描かれていると解釈できます。

 

夢の中でⅡ 発芽(1879)

「発芽」は1879年に発刊された「夢の中で」に収録されているリトグラフ作品です。

リトグラフによる光と闇にコントラストが見事な作品で、画面には切り離された人の頭部と種子のような白い球体が、暗い空間にいくつも浮かんでいる様子が描かれています。

内省的で憂鬱な雰囲気ですが、どこか明るさも含んでおり、神秘性を感じさせる作品です。

 

自画像(1880)

ルドンは自画像を何作か残していますが、1880年に描かれたこの自画像が最も有名です。

彼の内面を象徴するかのような幻想的なタッチと優しい眼差しがよく表現されています。

現在ではフランスのパリにあるオルセー美術館に所蔵されています。

 

泣く蜘蛛(1881)

「泣く蜘蛛」は1881年に制作された木炭画です。

画面には人の顔をした蜘蛛のようなものが描かれており、擬人化された奇妙な生き物が見るものに強烈な印象を与える作品です。

グロテスクな表現ではありますが、悲しい表情をしている人の表情がどこかユーモラスであり温かみを感じさせます。

 

釈迦の死(1899)

仏教に強い関心を持っていたルドンが1899年に制作したパステル画作品です。

ルドンは仏陀を主題にした作品を8点ほど制作しており、この作品はその一つです。

オリエンタリズムがルドン独特の世界観を通して表現されており、釈迦の神秘性とルドンの幻想的な精神世界が融合した傑作といえます。

 

オフィーリア(1901)

この作品は、シェイクスピアの戯曲「ハムレット」に登場する主要な人物オフィーリアを描いたものです。

ルドンはオフィーリアを主題とした作品を何点か制作していますが、その中でも特に代表的な作品です。

色彩豊かに描かれた晩年の作品であり、優しくて深みのある色使いと、目を閉じているオフィーリアの内省的な姿が印象的です。

 

グラン・ブーケ(1901)

「グラン・ブーケ」は晩年のルドンの傑作であり、彼の集大成ともいえる作品です。

この絵はドムシー城に飾られていた壁画の一つで、3年の制作期間を経て完成した、原画サイズが2メートル半もある巨大な作品となりました。

ルドンの作品の中でも最も色彩が豊かな作品ともいわれ、花という静物を描いているにもかかわらず躍動感と強い生命力を感じさせる作品です。

現在では三菱一号館美術館に所蔵されています。

 

花雲(1904)

「花雲」は1904年ごろに制作されたパステル画です。

二人の人物を乗せた帆船が浮かぶ様子を独自の色彩で豊かに描かれた作品で、幻想的な光に満ちた世界への航海という主題と全体から発せられる鮮やかな輝きは、ルドンの精神世界との強烈な共鳴を感じさせます。

 

トルコ石色の花瓶の花(1911)

「トルコ石色の花瓶の花」は、晩年のルドンによるパステル画です。

パステル画は淡い中間色のトーンが魅力の画法であり、グラデーションをきれいに描くことができます。

この作品はそのようなパステル画の魅力を最大まで発揮した作品であり、静物である花を主題としているにもかかわらず、鮮やかで動的な印象を感じさせます。

 

キュプロクス(1914)

「キュプロクス」は、「一つ目の巨人(キュプロクス)であるポリュペーモスに不運にも愛された水辺の妖精ガラテイア」を主人公とする神話を描いた作品です。

一見すると恐ろしい容貌をしているキュプロクスですが、その目はガラテイアへの優しさに満ちており、過去に他の美術家によって描かれてきた獰猛で凶暴な怪物としてのキュプロークスの描写とは正反対の作品となっています。

無意識下の世界を描いた象徴主義運動の代表的な作品とされ、のちのシュルレアリスムに大きな影響を与えました。

 

ルドンの作品を観ることができる美術館

オルセー美術館

フランスのパリにあるオルセー美術館にはルドンの初期から晩年まで数多くの作品を所蔵しています。

ルドンの展示室にはパステル画の名作が多くならんでいますが、描画材料が脆弱なパステル画の性質上、長距離の移動が難しいことから、これらを日本で鑑賞する機会は決して多くありません。

パリを訪れた際には、ぜひ一度行っておきたい美術館です。

 

オルセー美術館

開館時間:9:30~18:00

休館日:月曜日 1/1(祝)、5/1(祝)、12/25(祝)

入館料: 大人25$ 65歳以上および学生18$ 12歳以下無料

 

ボルドー美術館

ルドンの出生地であるボルドーのボルドー美術館には、「モルガの海(1883)」「小舟(1885)」「翼のある男(1890)」などの作品が所蔵されています。

ルドンが生まれ育った地であるため、彼の生い立ちを深く知るうえでもぜひ一度は訪れておきたい場所です。

 

オルセー美術館

開館時間:11:00-18:00

休館日:火曜・祝日

入館料: 常設コレクションは無料 特別展入場料:5ユーロ

 

岐阜県美術館

岐阜県美術館は、日本で最も多くルドン作品を所蔵している美術館です。

ルドン作品のコレクションは254点にも及び、国内のみならず海外でもよく知られている貴重な美術館です。

 

岐阜県美術館

開館時間:10:00~18:00

休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌平日) 年末年始

入館料:一般/340円、大学生/220円 高校生以下無料

 

「ルドン」のおすすめ関連書籍

オディロン・ルドン―自作を語る画文集 夢のなかで

この本では、ルドンの作品を掲載するとともに、画家が残した手記や自作に対するコメント、芸術観を綴った文章などを選りすぐり紹介しています。

作品からだけではわからないルドンの人物像や背景などを深く理解するうえで最適な書籍であるといえます。

オディロン・ルドン―自作を語る画文集 夢のなかで

2,420円 (税込)

出版社 ‏ : ‎ 八坂書房 (2008/5/1)

 

オディロン・ルドン作品集

ルドンの作品78点を収録した作品集です。

電子書籍版も販売されており、作品画像が縦横フレキシブルになっていることから、端末を横にすることで大画面での鑑賞が可能となっています。

オディロン・ルドン作品集

200円 (税込)

出版社 ‏ : ‎ MUK art production; 第1版 (2015/7/30)

 

まとめ

ルドンは彼の精神世界を芸術へと昇華させていました。

印象派の画家たちと同時期に活躍しながらも独自の作風を追求し、「孤高の画家」と呼ばれたルドンですが、幻想的な彼の作品からはその内的世界の深さを感じずにはいられません。

また、生涯を追っていくと劇的に変わっていく色彩表現も鑑賞ポイントの一つとしてあげられます。

これを機会に、ぜひ彼の作品に触れてみてはいかがでしょうか。

 

 
 あなたの部屋に合うアートは?
 LINEで 無料診断!

アート作品を購入してみたいけど、

どこで買えば良いかわからない…

どんな作品を購入すれば良いかわからない…

という方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、thisisgalleryの公式LINEアカウントから、気軽に相談できる 無料アート診断 サービスをリリースしました!

専門アドバイザーが、あなたに最適な作品をセレクト。

インテリアに合った作品のご提案や、オーダーメイドのご相談など、様々なお悩みを解決します。

\ こ ん な 方 に お す す め /

部屋に合った絵画・アート作品が欲しい

作品をどこで探したら良いかわからない

似顔絵・オリジナルのアートギフトを贈りたい

手軽な価格で絵画をオーダーしたい

\ L I N E で い ま す ぐ 診 断 ! /

 

関連記事

NFTアートとは?アート市場に起こる革命を分かりやすく解説

ブロックチェーン技術を利用した全く新しい「NFTアート」。 高値での取引が連日のように話題になり、この新たなアート市場は大変活気を見せています。 野心を持ったアーティスト、投資家などの様々持ったプレイヤーが入り混じりNFTアート市場

16年ぶりとなる大竹伸朗の回顧展が東京国立近代美術館で開催!11月1日から

東京国立近代美術館では、大竹伸朗の回顧展「大竹伸朗展」が開催されます。 2006年に東京都現代美術館で開催された「全景1955–2006」以来、16年ぶりの開催となる大竹伸朗の大規模回顧展。 本展では、1982年の初個展開催から40

葛飾応為とは?「北斎の娘」応為の生涯と代表作品について詳しく解説!

代表作「富岳三十六景」をはじめ独創的な作品で、日本のみならず世界的にその名を知られる浮世絵界の巨匠、葛飾北斎。 しかし、その娘である葛飾応為もまた天才絵師だったことをご存じでしょうか。 応為は父の影に隠れた存在でしたが、近年研究

山下清とは?日本のゴッホと呼ばれた画家の人生や代表作品を解説!

緻密で色鮮やかな作風のちぎり絵で名を馳せ、「日本のゴッホ」と称された画家・山下清。 テレビドラマ「裸の大将放浪記」のヒットにより、坊主頭にランニングシャツと半ズボンの出立ちで全国を放浪した画家という印象が強いですが、ドラマでは描かれな

草間彌生とは?経歴・人生について分かりやすく解説

草間彌生ってどんな人? 日本を代表する現代アーティスト・作家・デザイナーとして知られる草間彌生。 彼女のトレードマークである、カボチャや水玉の作品を一度は見たことがあるという人も多いのではないでしょうか? 海外でも高く評価され

TOP